やはり人生は気の持ちようなのか?

森の中の扉50代の生き方
この記事は約2分で読めます。

文字にすると凄いタイトルになってしまった…

いや、そんなに壮大な事は書いてませんよ

まぐろ
まぐろ

期待しないでね

スポンサーリンク

ゴールが見えると頑張れる

今、これを書いている瞬間、11連勤の10日目です

あれ?何かに違反している?

まぐろ
まぐろ

労基の人、見ないでね

6日目くらいからシンドくて…8日目とかヤバくて…

でも明日までと思った瞬間ちょっと元気が出たました!

不思議です

並んでいる色鉛筆

よく言われるゴール(目標)があると頑張れるということなのかな?と思います

確かにどこまでも広がる大海原をあてどなく泳いでいるのと、どんなにに遠くても陸地なり小島なり見えてるとまったく違うだろう…と想像できますよね?

行き道より帰り道が早く感じるのも同じかな?とも思って調べてみたら

帰り道を早く感じる現象は『リターン・トリップ・エフェクト』という名前がついていました

オランダでかつて研究もしたらしく諸説あるとか?

まあ、それはおいておいてまぐろ説としては

帰りはどこに帰るかわかっている、つまり目的地がはっきりしているから早く感じるのかな?と思っています

気持ち次第で世界は変わる?

人って気の持ちようで感覚も変わる単純な生き物

嫌だと思ってやると、その時間は長~く感じて、楽しい時間はすごいスピードで過ぎる

本当に楽しい時間は、あっという間ですよね?

時計の向こうの遠い記憶

つまり感性、感覚で時間さえも違って受け止めるんだから

本当に気の持ちよう一つで世界は違って見えると思います

楽しい事を目標に毎日を過ごしていく

それができれば最高ですね

 

今このブログを読んでいる方はそんな人が多いと思っています

なぜならパソコン、もしくはスマホで「ブログを読む」という行為を行っているわけで

それだけで知的好奇心があるという事

マウスでクリック、スマホでタッチする行動をおこしてる人だから

森の中の扉

 

おまけ

と、言うわけで?明日の夜から東京に旅立ちます。行きはこちらで紹介した夜行バス

 

帰りはこちらで紹介した「ぷらっとこだま」

 

記事になるようならブログで書こうかと、それだけでもワクワクします!

きっと、あっという間に帰ってくるんだろ〜なぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました