高校受験、合格と不合格の顛末(てんまつ)

合格祈願の絵馬 子育て

ここのところ、なぜ学ぶのか?的な記事を書いた事と我が家にも一応受験生がいるので、そういう(どういう?)モードに入っているようです

ふと、子供2人のそれぞれの高校受験の顛末が、かなり違ったので書き綴ることにしました

スポンサーリンク

志望校に落ちてしまった上の子

テキストに書き込んで勉強

定期テストより実力テストの結果の方が良かった上の子・メジロ
中学3年になる春から通い始めた塾と相性も良かったのか成績があがり始めました

すると塾から文理科受験クラスの案内をもらったので、そちらも通い始めました
このクラスの塾代、とてもリーズナブルだったので親としては「この値段でプラス勉強できるのはお得!」という気持ちでした

文理科は大阪府のTOP高校に設置されています。公立高校を文理科、普通科と二回受験できます。中学時代、理科が大好きで得意だったので上の子は進路をそちらに考え始めた事もあり、文理科受験を考え始めました
そこからも頑張って勉強したのですが、ものすごく頭の良い子が集うので、あと一息足りません

いよいよ願書提出という時期になっても微妙な位置でした。なので願書提出も迷いに迷い、普通ほとんどは初日に出すところを倍率を見るために最後の3日目まで持っていました

塾との最後の面談。ここ何年かの詳しいデータが揃ってました
さすが塾!
そして、ど素人のわたしでもあと一歩届かないのがデータから読み取れました

しかし、ここまで目指して頑張ってきたのです
本人の気持ちは

「やっぱり受けたい」

でした
受験は何があるか、わかりません
いや、受かる方じゃなくて志望校下げて落ちる可能性もあります

そうなったら立ち直れるかしら?と思い、もう最後の最後であこがれの志望校に願書を提出をしました

結果、文理科、普通科と不合格

データの示した通りでした

落ちて行った私立高校で将来の進路が決まった

一直線にのびている線路

公立高校に落ちて行った私立高校
大阪府は高校授業料無償化制度があるので、教科書代や修学旅行などなどの実費以外はかかりません

ありがたい事にそんなに大きな負担もなく通えました

そこで上の子は自分の進むべき方向を見つける事となります

理系コースに入り研究職あたりを目指していたのに、突然デザインの道に進みたいと大方向転換したのです

どうやら所属していた軽音楽部の活動でチラシなどを制作しているうちにデザインに目覚めたらしいのです

軽音楽部の仲間とは社会人になる今でも仲良くしています

そして半年ほどの話し合い(ケンカ)の末、その道を目指し始めました
理系コースの学生としては異端でしたが周りもとても応援してくれたようです。入試直前には若い国語の先生が小論文の添削をメールでしてくださったりもしました

3年時担任だった生物の先生は一生の恩師となったようで、好きすぎてセンター試験は生物を選択するほど。成人式後にあった高校の成人の集いには、貧乏なくせにお酒好きの先生にウイスキーを手土産にするほどでした

また一生の友と呼べる親友にも出会い、帰省のたびに必ず会っています

上の子にとって高校時代は宝物となったようです

志望校に合格した下の子

合格祈願の絵馬

しゃべりはうまいのだけど学力に大きな不安があった下の子・ツバス

すばやく問題を読む速読というものを小学4年から始めたのですが、はじめて受けた速読のテストで
測定不能!
という結果が帰ってきました

測定不能?そう、文字自体は素早く読めても何が書いてあるのか理解できなかったようです
なので質問に答えられず、測定不能‥‥‥ノーコメントになる

結局、この速読の技術はソフトボールの球筋を読むのと、空手の突きを見極めるのには役立ったようです

ただスポーツで培った集中力は多少あり、直前の一夜漬けがきいて定期テストはそこそこの点を取っていました。中身は全く理解せずに覚えるだけという

なので普段の定期テストの成績がそこそこだったのですが実力テストは全くダメで志望校選びが大変でした

同じ中学からもたくさん受ける学校行事とクラブ活動が盛んな人気校T高校。制服も私立のようでそこも人気のようです
そこを志望校として勉強していました

しかし最後の実力テストの結果が良くなくて合格に不安が出てきてしまいした
担任の先生が別の学校、S高校を薦めてくれたのですが、今まで全く知らない少し遠い学校だったので慌てて仕事を早退して一緒に見に行きました

駅から多少遠くて周りが田んぼだらけでしたが、田舎だからこそ学校としては落ち着いていて良い感じでした。ここに願書を出そうと子供と話して決めました

しかし願書提出日、仕事中にLINEがきました

”やっぱT高校に願書出すわ”

!?

”受かる気がする”

は!?

いやいやいや!君の予感はいいから!

志望校欄を空白にしておくのではなかった!

結局、勝手に強引に出願してしまったのですが

結果、見事に合格したのです

なんの思い入れもない高校生活

青空に舞い上がる風船

そんなことがあって入った高校生活、スタート時はバラ色でした
同じ中学から行った子たちと急に仲良くなって、USJに行ったりテスト前に集まって勉強したり、充実の高校生活でした、最初は

ただみんなクラブ活動が忙しくなり、集うことも減ってきました

中学でやっていた剣道部に誘われたりもしていて何のクラブに入るのかと思いきや、何と帰宅部になりました!

そして学校の規則が無意味に厳しいのです
スマホ持ち込み禁止

これは上の子の学校も、そうだったのでわからなくもないのですが、その禁止ぶりが半端ない

もともと持ち込み禁止ですが、テスト中に間違ってなろうものなら、そこからテストが受けられないそして学校出席停止という

それも、まあ、わからなくもない

トドメは修学旅行もスマホ全面禁止

え?いまどき?

Googleマップとか使った方が良くない?
ってか、写真をいまどきデジカメで撮るとかないのでは?

それからギリギリで入ったので、テストもいつもギリギリ
2年から3年に上がる時には欠点が3つもあり、とうとう呼び出され補講を受ける羽目にもなりました

これでますます学校嫌いに

そして元気な女子の多い学校なので、何かと言うと「女子がうるさい!」を繰り返していました

女子ウザイ
学校うるさい
学校ウザイ
面倒くさい

言い続けて何とか3年生まできました

つい先日、3年の学年末テストも終わり
あとは欠点さえなければ呼び出しさえなければ、卒業式だけ行けばいいだけです

「やっと、行かなくていい」

もう二度と駅にも降りたくない、とのたまっておりました

 

あまりにも、差がありすぎる高校生活

合格が良い、不合格が悪いとは限らない見事な実例でした

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
子育て
スポンサーリンク
あおまぐろの50代から始めてみたブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました