20数年ぶりの再会に想うこと

壁の時計と額縁50代の生き方
この記事は約4分で読めます。

年賀状はやり取りしているのだけれど、長年会っていない人っていますよね?

何だか最近は、年賀状を辞めてSNSで繋がろうという傾向もあるみたいですが…それはともかく、ブログきっかけで年賀状友達となっていた人に、先日会ってきました

何と!20年ちょっとぶりで驚きました

そんなにも時が経ったのかと

スポンサーリンク

若々しく変わらない人

洗濯ばさみにつるされたハートのパッチワーク

20数年ぶりの再会でしたが、遠目からでも一目でわかりました
懐かしい変わらない姿でした

仕事場で知り合った年下の彼女のことは、結婚式に出席させてもらった事や印象深いエピソードを覚えていました

が、会って話しているうちに忘れていたエピソードもあったんだなぁ…と記憶が呼び覚まされました

年賀状で近況を細かに報告をしてくれていたので、息子さんたちの成長ぶりや自分でお店も持って仕事を頑張っていることもわかっていました

もともと事業家としての資質が垣間見えてた彼女

小さいながらも人を雇って仕事もバリバリこなしていて、

なので若々しいのだなぁと感心しました

20数年分のストーリー

シロツメクサの花

仕事が順調すぎて旦那様がお仕事をやめてまで手伝っていたと記憶してたのですが、もう旦那様は今は元々のお仕事をされているそう

実は…

と、その事が元で離婚の危機があったと告白してくれました

始終いっしょにいる事や、奥さんの事業を手伝っているという男としての沽券にかかわるのか夫婦関係がうまくいかない様になり、それぞれの住まいを借りるところまで話は進んだそう、どの家具持っていくかまで

まぐろ
まぐろ

いや、それはもう確実じゃない

元に戻ったのは、お子さん達の言葉だそうです

現在は、程よい距離感を持っていっしょに住んでいる同居人感覚とか?

それもありですよね

 

つつがなく過ごしていたかと思いきや、人生に順風満帆はないのか色々あったようです

でも乗り越えたからこそ、輝いているのだなぁと思いました

会える時、がきっと会うべき時

壁の時計と額縁

20数年ぶりの再会のタイミングって難しいですよね?

人によっては何かの勧誘と間違えられたり、また環境があまりにも変わっていると話がかみ合わなかったり

それが嫌で昔の友人に会うのを避ける人もいるそうです

たしかにわたしも、あまりにも環境が変わっていて久々に会う人には説明が面倒だと思っていたかもしれません、これまでなら

今回はブログを始めたきっかけで、再会が実現したわけで…

これを逃したら難しかったかもしれません

この歳になるとチャンスというものが時々しか来なさそうなので、外さないようにしたいです

会えるタイミングが、会うべきタイミングなのです

きっと

おまけエピソード/同じ会社に現れた20数年ぶりの人

ウチの会社は出入り多いです、なのに?だから?か仕事の引き継ぎが雑です

いや、前任者の裁量と引き継ぎ期間によるかな?

先日、お昼休みの女子ランチスペースで何か盛り上がってるな〜と尋ねたら、会社の評価を書き込むサイトで盛り上がってました

わたしも見ましたが

何も教えあわない
助け合わない社風
スキルアップは自己責任

爆笑!!その通り!

いや、前置きが長くなりましたが…なので人の出入りは激しく、また最近は年配の方の転職もあります

で、昨年知ってる人が入ってらっしゃいました

なんと!元ダンナが結婚当時に働いていたクリエィティブ系会社の元同僚!

小さな会社ですが違うチームのリーダーだった方で、皆からいちもく置かれていたのでわたしも印象に残っていました

20数年前のTシャツ短パン姿が印象に残っていた人は(会社で家族ぐるみで海水浴に行った記憶が鮮明だったため)もちろん、スーツを着たオジサンとして現れました
こちらもオバサンですが

若い姿から一気に時が経ったので、まさにビフォーアフター

あちらからすれれば20数年前に別チームに3年ほどしかいなかった同僚の奥さん

覚えているはずは、ありません

でもいつか、ちょっと話せたら面白いなぁ…って思っています
それまで、いらっしゃれば、ですが

 

昨年の夏から久々の再会が続いています、高校のクラブの同窓会もありました

今、グループLINEで繋がってます

白い花束

年賀状などを見るたびに、会いたいなと思う人は誰でも何人かいるのではないのでしょうか?

でも日々忙しくて、気がつけば一年経って…なんてことありませんか?

わたしもそうでした

でも自分が会える環境なら、タイミングを逃さずに会ったほうがいいかも?です

そういえば20数年ぶりの再会で、昔と同じように呼んでくれました

”先輩”

そんな事を言ってくれるのは、もう世界中で1人だけです
なんだか、とてもくすぐったかったです

コメント

タイトルとURLをコピーしました