フリーランスと会社員どちらがいい?~メリット、デメリットを考察してみた~

フリーランスの仕事場 お金の話
この記事は約7分で読めます。
まぐろ
まぐろ

フリーランスと会社勤めと、どちらがいいのか?

もうこれは、おおよそ答えは決まっていると思います

どちらも順風満帆なら絶対にその仕事がいい!と思うはずだけど
「なんだかうまくいかないなぁ〜自分の人生はこんなんじゃなかった」
なんて思うときには絶対に

「フリーランスは自由でいいよなぁ」

「会社員って安定していていいよなぁ」

と、思ってしまうに違いない

どちらも体験している50代シングルマザーが、メリット、デメリットを自分なりに綴ります

スポンサーリンク

フリーランスの人とは結婚しないと決めていた理由(わけ)

WORKとLIFE

フリーランスと個人事業主は分けて考える場合もありますが、この記事ではひとくくりにしています

わたし自身もシングル家庭の子供で、母はわたしが中学生の頃までは会社員をしていたんですが、高校生になると同時くらいに、いわゆる脱サラをしてお店を始めました

何屋と言えばいいのだろう?

かっこよく言えば、ドラマ『相棒』で右京さんが最後によく飲んでいるお店、あれをもっともっと大衆的にした感じ

高校生という事もあり、忙しい時にはよく手伝わされました!その体験があるから「家が自営業って、お店って、嫌だ!」とずっと思っていました

なぜなら人の都合を無視して、忙しいとお構いなしに呼ばれてしまうからです
たとえ見たいテレビがあろうと
たとえ熱中して読んでいる漫画があろうと

もちろんバイト代として、お金はもらえていましたが

絶対にお店をやってる人とは結婚しない!

と会社員、サラリーマン家庭に憧れていました

フリーランスのメリット、デメリット

ノートパソコンを打つ

そんなわたしが結婚したのは当時一応会社員だった元旦那
でも3年ほどで彼は独立して知人と会社を立ち上げました

つまり個人事業主、フリーランスになったのです

大誤算です

もともと夢を追いかけるタイプだったので、必然の流れと言えばそうだったのかもしれませんが…

フリーランスのメリットとは?

  • 自分の好きな時に仕事ができる

お店だとそうはいかないでしょうが、仕事内容によっては働く場所も選びませんよね

  • 自分でやりたい仕事を選べる

そのためにフリーランスになったとも言えるでしょう、自分のやりたい事を思いっきりできます

  • 自分で頑張った分だけ収入に反映される

逆に言えば、頑張らないと収入は発生しないとも言えるんですが…自分自身の力を試したい人にはおススメです

  • 通勤ラッシュや人間関係に悩まされることがない

これは単純にうらやましいです

フリーランスのデメリットとは?

  • 収入が安定していない

会社員のように毎月の収入が決まっているわけではありません。また病気で仕事ができない時は収入がなくなりますし、ボーナスや退職金もありません
ここが一番のデメリットでフリーランスにこれからなろうと言う人も躊躇する部分ではないでしょうか?

  • 自分ですべてをやらなければならない

営業もスケジュール管理も、そして確定申告等の税金に関するものも全部自分です。もちろん、それがフリーランスの醍醐味と思える人なら本当に向いていると思います

  • 仕事とプライベートの境目がなくなる

先に書いたわたしの事例のように、いつから仕事でいつからプライベートなのかがわからない場合もあります
プライベートはプライベートでしっかりと楽しみたいと言う人は逆に自由がないと感じてしまうかもしれません。おとなしく会社員をしておきましょう

会社員のメリット、デメリット

通勤途中のエスカレーター

フリーランスは、うまくいけば最高の仕事と思えるかもしれませんが、事業としてうまくいかないと収入が伴わないので厳しいです。家庭を持っている場合は特に…

仕事が上手くいかなかった事が一番の原因ではありませんが、結局フリーランス志向の元旦那とは離婚しました

離婚が人生最良の選択だった件
自分の人生で一番の最良の選択だったと、今でも思っている離婚に至った話。やっぱり人は心が健康でないといけません。

そして2人の子供を養うために離婚から数年後に正社員になることができたわけですが、そこで思う会社員のメリットデメリットをご紹介

会社員のメリットとは?

  • 収入が安定している

フリーランスのデメリットと相反するものですが会社員の最大のメリットはもう間違いなくこれです!毎月の収入がきちんと保障されていることです。仕事量と休日数にも左右されません
フリーランス元旦那の収入が不安定な期間が長かったシングルマザーは、会社員になった時に心の安定を手に入れました

  • 保険料や税金等の諸手続がいらない

すべての税金が給料から引かれるため自分で計算する必要はありません。しかも社会保険料も会社が半分負担してくれています
こちらも元旦那がフリーランス時代に保険料が払えなかった時期もあるシングルマザーとしてはとてもありがたく感じているところです

  • 働くことでスキルアップできる

職種によりますが、会社員として仕事をしている間に仕事の中で勉強できます
社員になった時に、なんとかパソコンが扱えてMicrosoft Officeがさわれる程度だったシングルマザーは、この10年以上でいろんなスキルが身に付きました

Microsoft Office全般(word、Excel、PowerPoint)、Adobe Illustrator(CCを使っています)、Photoshop、WordPressなどなど

学ぶ必要はない、既に様々なスキルを兼ね備えている人はフリーランスに向いています

会社員のデメリットとは?

  • 通勤が大変

距離やその手段にもよりますが、毎朝の通勤ラッシュは本当に体力を奪われます

  • 仕事のストレスが半端ない

やりたくない仕事をやらされる
自分は頑張っているのに評価されない
無駄な会議に出ないといけない
理不尽な事を言われる

などなど仕事のストレスは尽きないでしょう…

結局、フリーランスと会社員はどちらが良いのか?

フリーランスの仕事場

実は、なぜこんな記事を書こうと思ったのか、理由があります

現在、会社員として働いていますが退職金のない会社で老後のことを年齢的に考え始めたんです。お金の勉強をちょっとだけ始めて投資信託なんかも始めてみました

1日100円から始めてみた投資信託
投資信託の超初心者が1日100円の『つみたてNISA』を始めた理由(わけ)とやってみた感想&現状報告です。

ただ本格的なものでは無いので大きな収入は見込めそうもありません

もう少し何とかしないとと調べると株や不動産投資など様々なものが出てきましたが、そちらに踏み出す勇気はありません

勉強したなかで一番目を引いたのは税金対策です。本来払うべき税金をなんとか節税すると言うものです

これなら自分にもできると思いましたが、その節税の究極の究極はなんと

自分で事業を興す

と言うものでした

フリーランスはサラリーマンより多く税金を払う必要があって、税金に関して言えばサラリーマンの方が得です。これはあくまで考え方です!

フリーランスなら自分が収益を得るために使ったお金の全て、モノによっては一部を経費にあてられます

もし自宅で仕事をしていれば家賃、水道光熱費、固定資産税も一部経費になります。ネットで仕事をしていればインターネットの接続代、通信費も経費。そして仕事の質を高めるために買った書籍などなど…
つまりそういったものを仕事の経費として計上して税金対策をする

元旦那が会社している時に会計も少し手伝いました。儲かった分が少なければそこにかかる税金は少なくなります

会社が赤字続きの時は、保険料も減免してもらっていました

つまり会社員であるわたしが、何とかお金を捻出するために税金対策をしようと思うとフリーランスになる事をススメられるという一周回った結論にぶち当ったのです

まとめ

PCマウスを触る手

会社員の副業が認められつつある昨今、副業をしている人が増えていると言う話はよく耳にします

ですので会社員をしながら副業を経験するのが1番なのではないかなぁ~と思います

 

何でもそうなんですが、経験しなければ分からないところがたくさんあります。聞いたり見たりする事と、実際に自分が体験する事はやっぱり別です

人は一人ひとり全く違うので、人のケースが自分に当てはまるとは限りません

どちらの世界も多少かじった事のあるまぐろの意見としては

どちらもやってみて結論を出すのが一番

実行に移すときに気軽にやるのではなく、どちらのメリットデメリットも調べて、すべての情報を頭に入れてチャレンジして下さい

今まで出会ったフリーランスで成功している人は、当然ながら決めた事をしっかりとこなしていける自己管理能力が高い人ばかりでした

わたしには無理そうなので、明日も頑張って通勤ラッシュにもまれます

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
お金の話
スポンサーリンク
あおまぐろの50代から始めてみたブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました