京都・貴船 川床料理を食す

プチ贅沢

川床料理

とっても大人の響きですよね

まぐろ
まぐろ

って50過ぎた女が言うのも何ですが…

一度は行っておいて

「ああ、雰囲気は最高、涼しいわよ~やっぱり」

なんて言ってみたいもの

 

バスツアーでの川床料理もおすすめ

足がすっかり悪くなった母への「親孝行」も兼ねていたため

迷わず日帰りバスツアーを利用して行ってきましたが…
実際に行ってみてバスツアーで大正解!

なぜなら

まぐろ
まぐろ

道が!狭いっ!!

大型観光バスで乗り入れちゃっていいの?と思う細い道を走った先で

お店送迎のマイクロバスに乗り換えた後

さらに細くなっていく道をぐいぐい走って

恐ろしいすれ違いを繰り返した先にある

それが「貴船の川床料理」

ドライビングテク(死語?)に自信のある人以外は絶対に車でいっちゃダメ!

初心者は絶対にダメ!

まぐろ
まぐろ

周りに迷惑がかかります

でも今回は『貴船の料理旅館「ひろ文」で食す川床料理』というツアーで「ひろ文」さんが貴船神社よりも更に上にあったせいもあるかも…

清涼感いっぱいの川床

話がそれましたが、やって来ました貴船の川床

非日常体験ですね、これは

すこし川床料理には早いかなという6月初旬だったのですが、この日は完全な真夏日でばっちりでした


オリジナル京懐石料理

まぐろ
まぐろ

あ、やっぱり、ここは生ビール必要ですよね


この生ビール格別でした!

酒好きの母も満足なご様子

足の悪い方のためには、正座いすも用意されています

母も利用させていただきました

贅沢な時間が過ごせる

写真で見てもわかる通り川床は涼しいので羽織るものが必要です

我々が行った6月は必須では?と思います


造り

少量ですが(懐石料理ですし)ネタはこんな山の中なのに…と思うほど新鮮


吸物

見た目が可愛いです

湯葉と鱧、大好物のコラボ


焼物


そうめん

ここ「ひろ文」さんは流しそうめんが食せる川床としても有名


油物


デザート…懐石では水物

以上のお料理でした

 

量が少なめですが雰囲気を味わいつつゆっくりと食べるので物足りないことは全くありません

ただ、たくさんの人が次々といらっしゃる場所なので鮎は焼いておいてありました

そこにクオリティを求めると「うーむ」となるかも…

鮎好きの母は「鮎が小さかった…」と残念がってました

川床料理は雰囲気を味わうお料理と実感

これは一度体験する価値あり

貴船神社とアフターケア

足が悪い母との旅で選択肢がなかった電車でのアクセスですが

旅好きの人は電車、バスを乗り継いでの方法もありです

次回はこっちも試してみたいです


本当に川の上にいるんだと実感

お店の人が落ちないようにしてください、と何度も声をかけてました

まぐろ
まぐろ

定期的に落ちてるみたいです

この後は貴船神社に行きました

後日…

スーパーライフで夕方3割引になっていた鮎(1匹200円以下)を購入し、焼きたてを食べてもらい大満足してくれました!

 

で、気を良くして今度はAEONで夕方3割引になってた鮎(1匹200円以下)を再び購入し、焼きたてを食してもらいました

今回の親孝行は、これでコンプリートです

コメント