大塚国際美術館の歩き方【淡路島・徳島の旅3】

モネの絵画「カササギ」 まぐろ紀行
この記事は約2分で読めます。

前回のブログからの引き続きです、いないと思うけどいきなりここにたどり着いた人は、こちらを先にどうぞ!

大塚国際美術館に行ってきた【淡路島・徳島の旅2】
1,000点以上の世界の名だたる名画が一度に見られる美術館・大塚国際美術館に行ってきました。
スポンサーリンク

オブジェや建物自体を楽しもう

大塚国際美術館には、館内の至るところに素敵なオブジェが置かれていますのでオブジェを楽んでも良いと思います

ひまわりの球体オブジェ
大きな球体のひまわり

地下2Fフロア、モネの「大睡蓮」と呼ばれる絵の壁画?の周りには素敵な池もあります

睡蓮が美しい回廊
ゆったりとくつろぐのにピッタリですよね?
横にはカフエ&レストランもあります

美術館の企画展を楽しもう

また様々な企画もあるのでそれを楽しむのもいいかと思います
私が行った時には「絵画になりきる?」という催しがありました

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」…になりきる!

真珠の耳飾りの少女になる

レンブラントの「夜警」になりきる!

レンブラント「夜警」になりきる

楽しいです♪

モデルは私ではなくメジロ(上の子・仮名)です

自分だけが好きな絵画を探そう

有名じゃなくても、自分だけが好きな絵画を探してみてもいいかと思います
大丈夫、なんせ1,000点もあるのですから

 

これは「真珠の耳飾りの少女」で有名なフェルメールの絵

絵画フェルメール「デルフトの小路」
「デルフトの小路」解説

「デルフトの小路」聞いたことないけどレンガとか細かくて好みです、色遣いがキレイ!

 

絵画「マルセイユ港の入り口」
「マルセイユ港の入り口」解説

点描画、これも色遣いがきれいです!

 

絵画「カーネーション、リリー…」
k「カーネーション、リリー、リリー、ローズ」解説

花も人も美しいですが、提灯を持っているのが面白く感じました

 

絵画「日の当たるテーブル」「夜明けのセーヌ」
「日の当たるテーブル」「夜明けのセーヌ」解説
どちらも味わいある絵ですよね

下の絵がすごく好き、静寂を感じる

 

モネの絵画「カササギ」
モネ「カササギ」解説
カササギがどこにいるかわかりますか?私は全然わからなかったです…

 

絵画「第九の波濤」
絵画「第九の波濤」の解説
正統派の絵画。これは、もう波をどうやって描いているのか気になった

触ってもいいレベルなので、接写できました

絵画の波のアップ
さらに近寄る

更に波のアップ
すごい技術だなぁ…
※紹介した絵画、私が知らないだけで有名な絵だったらすいません!

どうですか?
自分好みの絵画を探してみませんか?

人間の感性は一人ひとり違うから名画が自分の一枚とは限らない!
これだけあるときっと探せますよ

いろいろと堪能できる大塚国際美術館
入場料は大人3,240 円とかなりお高めですが、一度訪れる価値はあります(大学生:2,160円、小・中・高生:540円)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

まぐろ紀行
スポンサーリンク
あおまぐろの50代から始めてみたブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました