贅沢な旅とは、自分だけの旅

青い空と緑の田んぼ プチ贅沢
この記事は約3分で読めます。

日記ブログで「関ヶ原 最終決戦地で転んだ」と書きました(笑)

今年の青春18きっぶ旅で途中下車して行った「関ヶ原」

今の自分にとっての「贅沢」と感じたことを書きつづります。

 

スポンサーリンク

誰もいない贅沢

「関ヶ原?何をしに?」と、会社のランチの時に聞かれました。

まぐろ
まぐろ

ですよね…

「行って降り立つことに意義がある」

その思いで立ち寄った関ヶ原

関ヶ原駅の待合室
※関ヶ原駅の待合室です

前回の青春18きっぷ旅の時に気になって仕方なかった場所です

 

大昔の高校生の頃、日本史が大嫌いでした…よくある”先生が嫌い”だったんです

でも歳を重ねて、大河ドラマの影響で「にわか歴史好き」に!

たびたび登場する関ヶ原の戦いの舞台は気になります

関ヶ原 駅看板

 

で、行った感想を一言でいうと

めちゃくちゃ、気持ち良かった!

何せ一時間と少しの間、資料館はさすがに別として、

誰一人と観光している人に会いませんでしたから!

まぐろ
まぐろ

ですよね…

 

いたのは

工事中の建物の誘導の人

農作業をしていた人

住宅の庭先にいた人

くらいでした

 

ウロウロ、キョロキョロ、物珍しそうに歩いているのは自分だけです

これぞ、日本の夏

青々とした稲が日本の夏を感じさせてくれました

緑の稲穂

関ヶ原 決戦地

関ヶ原 最終決戦地

からの眺めです

決戦地からの眺め

これをを撮ったあと、ころんで落ちました…

まぐろ
まぐろ

厄払いできた?かな?

サンダルがいけなかったと反省して、こちらは登るのをあきらめました笹尾山・石田三成 陣跡

笹尾山

『おんな城主・直虎』を思い出させてくれた松平忠吉・井伊直政 陣跡

松平忠吉・井伊直政 陣跡

こんな時って、空に浮かぶ雲すら意味のあるものに見えます

太陽が隠れている間は、風が吹くところだったので涼しかったです

独り占め感がいい

心が解放されるとは、まさにこのことです

この景色を独り占め…これって贅沢ですよね?

青い空と緑の田んぼ

この年齢になると「これは、自分だけのもの!」って言いづらいのですが、誰もいないので心の中では言えちゃいます

 

見慣れた人から見れば、なんてことない風景でも、見慣れないものにとっては映画やアニメの中に出てくる世界と同じです

美味しいグルメ、高級なホテル…の旅も素敵ですが

この自分だけの旅は、

とても贅沢な旅となりました

 

駅前に観光交流館があり、カートなどいらない荷物を預けて回りました

結構歩いたので、大正解

コインロッカーは迷わずこちらを選択!
コインロッカー

まぐろ
まぐろ

あ、旅に絆創膏は必須ですよ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました