ブロガー必見!「マンガでわかるキャッチコピー力の基本 」

マンガでわかるキャッチコピー力の本 映画・ドラマ・本
この記事は約5分で読めます。

ブログはタイトルが重要です

検索に引っかかりやすいようにSEOも考えていかねばならない!という事もありますが、その前に人の心を惹きつけられるタイトルを考えるのは難しい…

たくさんの人がおすすめしていた『キャッチコピー力の基本』

「これを読んでいっちょ勉強でもするかな?」と思ってamazonを見ていたら、なんと!コミカライズがあるではないですか!

『マンガでわかるキャッチコピー力の基本』

しかも発売されたばかり!これは、ポチッとしていました〜

スポンサーリンク

忙しい人、ビジネス書が苦手な人にありがたいコミカライズ

基本的にビジネス書等を読むのが苦手な人のために、最近(前から?)ビジネス書のコミカライズは流行っていますよね〜

 

まぐろ
まぐろ

わ、わたしの事?

 

『7つの習慣』から『孫子の兵法』まで多種多様、サクサク読めてありがたいです♪
こちらのキャッチコピー力の基本も、すぐに読めました

コミカライズは漫画のストーリーにそって、その極意?奥義?を紹介していくので、登場人物、設定が必ずあります

この本の場合は…

神田 結(かんだ ゆい)
老舗うなぎ屋『神田屋』の長女
亡き父の後、経営不振の店を立て直そうと奮闘中
神田 舞(かんだ まい)
大学生。就活のかたわら神田屋を手伝っている
平賀源一(ひらが げんいち)
平賀源内の生まれ変わりの異名を持つ天才イケメンコピーライター

 

短気な主人公とおっとり妹、導くイケメン…定番のキャラ配置です

納得させられる!「自分に関係があると思ってもらう」

うな重

とにかく読んで10分も経たないうちに、心をわしづかみにされました

なぜならキャッチコピーの極意が納得!だったからです

 

「いいか、よく聞け 今から1番大事なことを教えるぞ
キャッチコピー力の基本中の基本であり、1番大切なポイントだ」「それは…」

出典:マンガでわかるキャッチコピー力の基本/川上徹也著  19ページ

 

極意というと、いろんなものを想像してちょっと考えました
しかし、めくると、そこにあったのは

 

「自分に関係あると思ってもらうことだ」

出典:マンガでわかるキャッチコピー力の基本/川上徹也著  20ページ


目からウロコです

あれ?ブログの極意のことかしら?

 

また、その極意を元に作ったうなぎ屋のキャッチコピーも納得!わたしも行っちゃうかも?と、内容にとても共感できたのです

ここホント重要ですよね

キャッチコピーには型がある

キャッチコピーにも型かあるそうで、基本の型は(空手みたい)

「言い切る」
「考えさせる」

だそうです

本には、言い切る、考えさせるの型がそれぞれ5つ分類してあり、しかも使用例もついているので、とてもわかりやすいです

実は今回のこの記事のタイトルも最初は
「ブロガー必見?マンガでわかるキャッチコピー力の基本」
だったのを
「ブロガー必見!マンガでわかるキャッチコピー力の基本」
と言い切りました

確かに印象が違う

でも、考えさせるパターンもあるので使い方はその時々かな?と思います

就職活動の自己アピールにも使える

スケッチブックと色鉛筆

またキャッチコピーだけでなく就職活動の自己アピールにも話が及んでいます

妹・舞は就職活動中ですが、うまく行っておらず源一先生に助けを求めます

 

「私自身のキャッチコピーを教えてください!」

出典:マンガでわかるキャッチコピー力の基本/川上徹也著  96ページ

 

源一はありきたりなフレーズが並んだ舞のエントリーシートにビックリ!そんな舞に源一はアドバイスしていきます

 

アピールの目的は、あなたが相手の人物にとって必要な人物であり、相手が求める能力を持っているということを知ってもらうことだ。

出典:マンガでわかるキャッチコピー力の基本/川上徹也著  113ページ

 

実際の面接の様子もマンガになっていて、とても参考になります

この通りにやって、あなたも第一志望内定間違いなし!とまでは言いませんが、考え方に間違い無いので読む価値ありです

まとめ

マンガでわかるキャッチコピー力の本

この本で1番繰り返し読んだ部分を紹介して終わります

 

第3章で神田屋にテレビ番組の取材が入ることになり(実は源一の取り計らい)有名グルメリポーターヒデ彦さんがやってきます
あきらかにだれかがモデル(笑)

このヒデ彦さんが話すセリフ、全てキャッチコピーのさまざまなテクニックが使われています

そのヒデ彦さんが帰る時、結が追いかけて質問をします

「ヒデ彦さんみたいに、キャッチコピー力をつけるには、どうしたらいいんですか?」

「面白いな と思った誰かの表現はノートに書き写して分析する、それを別の表現にできないか考える。その繰り返しよ、今でも」

「…今でも」

出典:マンガでわかるキャッチコピー力の基本/川上徹也著  79ページ


深いっ!

やはり日々勉強なんですね!

しかもトップになっても精進を怠らない!

キャッチコピーの基本が素早く読める『マンガでわかるキャッチコピー力の基本』
タイトルとか自己アピール苦手という人は、ぜひ読んで下さい

すごく良かったので原書の方もちょっと気になっています
活字にお強い方は、こちらが良いかも?

こちらも読もうかと、ちょっと思案中

コメント

タイトルとURLをコピーしました