遠い遠い親戚と血のつながりを感じた瞬間

ジャンプする3世代家族 まぐろのつぶやき
この記事は約2分で読めます。

お酒に強い家系です
お酒に強い弱いは体質の問題と言いますが、ホントそう思います

わたしも母も子供たちも全く顔色を変えずに飲む家系です

我が家では

酒は血で飲む

と、思ってますから

それを肌で感じた日の事を書きます

遠い親戚の法事でのこと。全くそのような法事には参加をしていなかったのですが、結構節目の法事らしく「一度、出ておきなさい」と言われ出席

会った事ない「誰?」という人がほとんどで、かなりご年配(60歳以上)の方ばかり

『うわぁ、こんなに親戚いたんだ~ほんとに血のつながりあるのかなぁ?』

と、思ったのもつかの間、食事の際のお酒の頼み方が尋常じゃなかった!

 

酒飲みの親戚は、みな酒飲みだった…

親戚の集まった法事の席

ど田舎の谷間にあるお洒落な日本料理・懐石といった佇まいの店二階
有田焼か何かの徳利に入って運ばれてくるお酒、お猪口もとても洒落てます

最初は、みんなそれで飲んでたのですが

「これじゃ注ぐのが忙しいなぁ、お姉さんコップ!」

と小さなお猪口では面倒とコップを注文

「おーワシも!」
「あ、こっちも!」

みな、揃ってコップにシフト

そうするとお酒自体の注文も回転が早いっ!!

食事類は下から専用エレベーターであげているようですが、追いつかない、追いつかない

「酒が遅いなあ、ここ」
「お酒、まだぁ?」

お姉さんがお洒落なお盆に5、6本の徳利を並べて何度も何度も持ってくる…

ああ、血の繋がりをしっかりと感じました…

 

グラスに入った焼酎のロック

食事も終わり、お店送迎のマイクロバスに乗り込もうとしていると

「今日は、ご苦労様でしたなぁ」
「また、お元気でね」

と、そこここに挨拶を交わす、ご年配の方々

「じゃ!」

と、何組かの家族が自家用車で普通に帰っていかれました…もちろん全員飲んでます

※現在の飲酒運転の法律が施行される前の10年以上前の話です!!

 

皆さん、間違いなくわたしの親戚でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました