転職を考えるとき~新しいライフスタイルを探しに出かけよう~

コスモス畑のなかの小さな家まぐろのつぶやき
この記事は約4分で読めます。

今の会社にお世話になって十数年…

「こんな会社、辞めてやる!」

と、思った事は一度や二度ではない

 

皆さんも、そんなことありませんか?

「仕事を辞めたい」は一定の周期で来る気がします

 

スポンサーリンク

去った人の言葉に支えられて

青空

まだ今よりも若かった40代

仲良くしていた同僚が辞める事になった時…

いや!見かけは自主退職でも辞める方向に持って行かれた…なんて事あると

「こんなところに、いたくない!」

と思い転職サイトを見た事もありました

ただ、子供2人を抱えたシングルマザーとしては

お金の方が大事

一刻の感情で早まった考えは良くない!と思いとどまってきました

そして辞めていった人達の言葉が大きな支えになっていました

 

「ここには邪悪な人はいない」

という名言を残して去って行かれた方もいました

ご年配で一身上の都合で辞められたのですが、この言葉は何度となく噛みしめました

邪悪じゃない
邪悪じゃない
邪悪じゃない

 

「ここはお給料は割といいから、早まっちゃダメよ」
※同業者の中で…という意味です!念のため!!

オシャレなDINKS※(古い?)で旦那様ももともと同じ会社だったわたしよりウンと年下の女性

先ほど書いた「見た目は自主退職だが、本人は辞めたいと思ってなかった人」

小さなトップダウンの会社には上手く言えないのですが

「権力闘争」的なものがあるようです

まぐろ
まぐろ

くだらない…

彼女の言葉に支えられて、今、会社にいる気がします

※「DINKS」(=Double Income No Kids)意識的に子どもを作らない共働きの夫婦

仕事の探し方はまず発信すること

離婚してファーストフード店でパートをしていた時

正社員として働きたいと思っていても、経験も何もなかったわたしには

「どうやって探せばいいのか?」

途方に暮れていました

もともと家がお店をやっていて、その手伝いをしていたので会社に就職したことがなかったのです

なので独身時代に勤めていた会社もなく…

まぐろ
まぐろ

ど〜しよ〜っていう状態でした

 

この時、お仲人もして頂いた恩師に言われた言葉が

「仕事を探していると周りの人に言いなさい」

すごく当たり前だけど重要なことでした

だって言わないと周りもわかりません

 

それからハローワークに登録に行き、相談に乗ってもらいましたが

高校時代の友人から紹介されたのが今の会社

 

最初はちょっとした空きの補充から契約社員、正社員…

ちょっと昇進もさせてもらって、今に至る

子供たちも無事に大きくなり、上は大学4年卒業目前、下は高校3年の大学受験目前

いろんな人の助言と巡りあわせに支えられて、ここまで来た感じです

仕事=ライフスタイル

NEXTの文字

先日この歳で久々に「こんな会社、辞めてやる!」と思うことがあり…

冷静に考えたら

「あれ?辞めてもいいかも?」

と思ったのです

もうあくせく働くより、自分の人生を優先させてもいいのでは?と

やろうと思えば出来なくはない…

 

もちろん、お金はないよりあった方がいい!これは間違いない!!

だって「愛」も「時間」も「健康」も、ある程度はお金で買えますよね?

基本、お金持ちはモテるし
お金さえ払えば移動も楽で時間も買えることになる
健康だっていい食材を食べる方がガンのリスクも低い

でも、そのためにゆっくりできるのは、いつ?

究極の選択です

 

今まで転職といえば「スキルアップ」とか「給料アップ」とかのイメージでしたが

仕事を選ぶことは今後の生き方=ライフスタイルを選ぶこと

なんだと思います

まぐろ
まぐろ

どうしていくか?

じっくりと考えてもいいと思っています

 

とりあえず、するかしないかわからなくても

ハローワークに久々に出かけ

転職サイトをチェックしたりもしてみよう

そう、肝心な周りの人にも伝えなくては

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました