ブログ運営の2年で感じたコトと得られたモノ

両手をあげて青空を仰ぎ見る女50代の生き方
この記事は約5分で読めます。

ここのところ月一更新となっていましたが今日は絶対更新せねば!

なぜなら、2018年8月8日から始めたこのブログ

まぐろ
まぐろ

今日はブログ運営を始めて2周年だからです

 

もう死にかけ寸前のブログになっていますが…(汗)

続けていく気は満々です

2年間ブログ運営をやってみて、やったからこそわかることがたくさんあったので

「まだ2年経っていません」という人に向けて書いていきます

 

スポンサーリンク

ブログ運営は難しい

パソコンと猫

まぐろ
まぐろ

もう、これしかない(笑)

もちろん、日記ブログなら何も難しくありません!

好きに書いていくだけですから!

ただ、たとえ日記ブログでもPV(見られること)を意識したり、収入も欲しいな~なんて下心をだしてしまうと、とたんに

「難しい!」

となるのがブログ…

という事が身に染みてわかりました

 

収益化が難しい

「ブログ飯」に始まって、ブログの収益化のための本もたくさんありますが

結局、自分で体験してわかったのは

検索でたどり着いてもらわないと収益化は難しい

というあたりまえの事です

よく言われている「SEO」というやつです

更新が止まっているのでこのブログのPVはないに等しいのですが、もうひとつ運営している日記ブログで先日、月間1万PVを越えました

でも記事でも書いていますが、見に来て下さる95%は「はてなブログ」「ブログ村」関連からの流入

まぐろ
まぐろ

つまり、ほぼ皆ブロガー

ブロガーは自分もそうなのですが、純粋に記事を読んでいるので

広告は押さない

いかに検索でたどり着いてもらえるかが重要…

ということがはっきりと分かりました

 

毎日書くのが難しい

「ブログは毎日更新しなくてもOK」という都合の良い情報を信じて

このブログでは最初から更新頻度が高くても3日に一回

でも、やっぱり毎日更新だと今では感じています

なぜ毎日更新がいいのか?

ブログ伝道者のような方が言っている…ということもありますが(笑)

単純に「定期的に読んでいるブログはみんな毎日更新」だったから

毎日更新のブログはやはりポテンシャルが高いし

毎日更新にしているからこそ定期的に訪れます

 

そしてブログは生み出す作業なので一度STOPすると感が鈍り…

さらに難しく感じてしまう

まぐろ
まぐろ

習慣化するのが一番!

という事も身に染みてわかりました

ブログ運営で得られたモノたち

両手をあげて青空を仰ぎ見る女

収入は伴わないですが、2年間のブログ運営で得られたモノはたくさんあります

誰もが言う「ライティングの技術があがった」というのは…

個人的には実感できてなくて、その点では少し考えこんでしまうのですが(汗)

ブログを通じて知りあえた人がいる
SNSも含めたブログ周りに関する知識が増えた

 

ブログを書くために常にアンテナを張っているようになった

 

プラスしてアラフィフならではの実感としては

ブログのおかげで自分の今後の方向性が定まった

「断捨離」「家の住み替え」に関してはブログをやっているから進んでいると感じています

 

ブログのおかげで記憶が甦ることがある

 

ブログが備忘録になりつつある

たまにレシピ公開したブログを見ながら料理を作る自分がいて、記憶の低下がコワイ…

 

得られるモノがたくさんあるのもブログ運営だとわかりました

スタート時の初期費用はそんなにかかっていないので、それと引き換えにと考えるとすごいことだと思いませんか?

まとめ:続けていくのがブログだから

THANK YOUのメッセージ

あらためて整理をすると得られたモノがたくさんありました

 

ブログを始めた最初の理由の一つである

仕事で(作業として)さわっているWordPressを理解する

という目標も半分達成できました

それから収益面で目標としていた

ブログ運営費くらいは捻出したい

これもギリギリは達成できそうです

ということで、元手0で学べる割のいいスキルアップ講座なのです

 

次の目標は「最初に自分が書きたいと思ったものに近づけていく」

まとめきる力をつけることです

ライティングのスキルをアップさせたい…

まぐろ
まぐろ

そこは、模索中です

このブログも500記事までは続けると決めています

 

なぜなら止まっても、またすぐに始めることもできるのがブログだから

誰かに言われてやっているのではなく自分のものだから

そして、そもそもが続けていくのがブログだから

という超単純な答えにたどりついたから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました