そっと離婚をしてみた件【手続き編 その1】

勉強する手 離婚
この記事は約4分で読めます。

離婚のとき、さまざまな手続きが発生します

精神的につらい時期でもあるので、この作業が意外と大変だし何をしたらいいのか戸惑うことも

なのでわたしの時は本を購入して(お金のない時期で痛い出費だったけど)その通りにすすめました

そして、その本を無理やり人に押し付けた件は、こちらに書いています

今はネットがあり詳しい記事がアチコチにあります

「離婚 手続き」と検索すれば懇切丁寧にかかれた法律事務所のHPがいっぱい!

手続きで迷うことはないかなと思います

便利な世の中です♪

なのでつらつらと離婚した時の細かい手続きを紹介するというよりは、様々な手続きの中で印象に残っているエピソードを紹介します

 

スポンサーリンク

離婚届の提出に関する、あれこれ

婚姻届の証人はお仲人さんに頼んだ記憶があるのだけど、離婚届の時の証人の記憶があやふや…

なんだか元旦那のお義父さんに書いてもらったような記憶が…なんでだろ?

とにかく!離婚の際も証人のサイン、押印が必要です
※調停離婚や裁判離婚では調停員や裁判官が間を取り持つので証人は必要はありません

離婚届の書類と結婚指輪

ちなみに証人の代行サービスなるものもあるそうです

便利な世の中だなぁ…(お金かかるけど)

そう思うと、そっと離婚をしている人も多いのだろうか???

そして、その離婚届を確実に一発で受理してもらうためにも余分なお金をかけないためにも

提出先は本籍地の役所の市民課営業中がベストです

※本籍地でない最寄り役所も可だが戸籍謄本もあわせて提出の必要がある(取り寄せるのにひと手間かかり余分なお金もかかる)
※365日24時間受け付けているが時間外だと預かりになり、万一不備があった場合は呼び出される可能性がある

離婚届をいつ出すか?

裁判で争うとか、離婚後の財産分与を話し合うとかでない限り、記入が終わったら即でもいいし決まりはないと思います

そもそもそのような離婚の際には、弁護士に頼まれていると思うので適切な時期をアドバイス下さるのではないでしょうか?

弁護士には頼んでいないけど”公正証書”などを交わす場合は

すべてが終わってから提出しましょう

 

システム手帳とコーヒー

と、いう事でそんなことには一切かかわりのなかった、まぐろの場合は書類の準備は整ったけど、子供たちもいるし本籍地まで車でも電車でも小一時間くらいはかかる…

いつ届けに行こうかなぁと思っていた初夏

はっと気が付きました!

「今日しかない!」

そう、その今日とは、37歳の誕生日前日

 

「明日から新しい自分に生まれ変わるんだ!!」

 

精神的にやはりダメージを受けているので、こうゆう自分を突き動かすフレーズは大事

時計を見ると2時半は余裕で回っていたと思います…

すぐに子供を母に預けて、書類、身分証明書、判子などを持ってドタバタと出かけた記憶があります

本籍地がちょっと遠かった理由(わけ)

大阪城

実は日本国内の土地はどこでも勝手に本籍にしてOK!って知っていましたか?(土地なので川や海にはできません)

いろんな島や有名スポット(スカイツリーやディズニーランド)でもOK

けっこう「皇居」なんてのもあるとか?

恐れ多いっ

皇居と二重橋

ただ戸籍謄本が必要になった場合、その本籍地の役所に戸籍を請求しないといけないので、そこは考慮した方が良いと思います

 

それで結婚した際に比較的近くて誰もが知っている場所に本籍地をおきたいな、と考え

大阪城にしたんです

証拠がこれ

免許証

「本籍、大阪城なんだ」と言って免許証を見せるというネタをよくやった

いや~字面も良くありませか?

結婚当時は大阪市内に住んでいてパスポート取得の際に戸籍を取りに行ったことあったけど不自由さは特に感じずに気に入っていたのですが

まさかこんな結末になるとは…

今ならgoogle先生に聞けば乗り換え、道のりも一発だけど、当時何で調べて行ったのか一度行ったきりの大阪市中央区役所にたどり着いたのは

 

5時5分前

 

執念で36歳最後の日に離婚が成立しました…

長くなったので、次回に続けます

 

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ランキングに参加中です。応援いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
離婚
スポンサーリンク
あおまぐろの50代から始めてみたブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました